鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

エクストレイル X20 HYBRID NISMOパフォーマンスパッケージに試乗

f:id:hato36:20161204154914j:plain

たまたまネットで見かけたエクストレイル NISMO パフォーマンスパッケージ。
これがツボにはまった。

  

アラウンドビューって何だ?

車体としては結構大きめではあるのだが、日産車はアラウンドビューという素晴らしい機能があって、大型車を安全に扱えそうなので試乗車を探してみた。

正直言って、NISMOのオプションでありオプション装着車なんて試乗車ではないだろうと思いつつ探したのだが、なんと近所にあった(笑)

さらに、NISMOのサイトなどでみていても、白ばかりだったので白なのかなと思ったら、スチールブルーの試乗車だった。

ちなみにアラウンドビューとはなんぞや?というのはこちらをみて欲しい。

簡単に言うと、前後左右のカメラを使って、車をあたかも空から見下ろしたかのように、モニターに表示する機能である。
低速であれば、走行中にも表示できる。使えそうだなと思ったシチュエーションとしては、駐車場に車を入れるときはもちろんであるが、例えば右折の車がいて左側を通り抜けられるかどうか微妙と言う場面で、そろりそろりと近づいて、モニターを見ながら歩道と右折車両の間を通り抜けるなんて走り方が可能だ。

また、路上に駐車するような場合には、路肩に寄せる必要があるが、ある程度近づいたら、そこでモニターを表示してギリギリまで寄せるなんて芸当が可能になる。

大型車なのに運転があまり上手ではない方や、時々しか乗らないのでボディーサイズがつかめていない方でも、乗りこなしている方と同じようにビシッと路肩に寄せることができるようになる。

なーんだと思うかもしれないが、駐車時や発進時にに小さな子が車の周りにいたりするのも確認できるので、安全性にもかなり寄与すると私は考える。

 

エクストレイル 20X HYBRID NISMO パフォーマンスパッケージの外観

NISMOのサイト日産のサイトでは白のボディーカラーの写真が使われている。

f:id:hato36:20161210130830j:plain

白は確かに格好良いが、40半ばの私にはこの赤が目立ちすぎて少々派手な部類に入るので、買うならば赤の部分を黒に塗るか...なんて思っていた。ボディーカラーがダークな部類のものを選ぶと差し色にちょうどいいかもなんて思えた。

f:id:hato36:20161204154835j:plain

実際、スチールブルーのNISMO パフォーマンスパッケージ装着車はかなり良いカラーリングだった。赤は決して目立ちすぎず40半ばでもOKな感じだ。

また、私が試乗したこのNISMO パフォーマンスパッケージ装着車はハイブリッドの4WDで、4WDだとマフラーとサスペンションもNISMOのパーツを装着できる。(2WDは外観のみのパーツだけ)
私のGOLF GT TSIは最低地上高が120mmだが、このエクストレイルのNISMOサスペンションは標準の195mmから約30mm下がるということで、165mmになるのだが、エアロも装着しているからか、私の感覚では140mm前後ではないかと思う。
でも、GOLFの120mmでも車止めでぶつかるなんてことはほぼないので、140mmもあったら安心だ。しかし、30mmも車高が下がっているので、サイドから車を見たときに、ホイールハウスの隙間がちょうど良い感じになっていて、まとまり感のある素晴らしいバランスの車に仕上がっている。
SUVなのに車高を下げる?なんて思うのは私も同じだが、そもそも車高が必要なシチュエーションはそれほどないので、普通車の車高があればいいのだ!

車高が120mmの私のGOLFでも、八ヶ岳の未舗装路でボディーをするなんてことは無い。もちろん危険な箇所はいくつもあるが、それは目で見て避ければ良いこと。そういう技術というか感覚がない人は車高は下げない方がいいだろう。だからと言ってどこでも走れるわけではないけれど日常で困るシチュエーションはないだろう。

 

エクストレイル 20X HYBRID NISMO パフォーマンスパッケージの走り

私はCVT否定派だ。だからDSGのGOLFを選んでいるというわけではないが、CVTの車はレンタカーや実家のFIT(初代)で乗った際に、走り出しで回転数だけ上がって車が前に進まない印象があり、ゴルフの感覚でCVT車を運転したときに、右折でアクセルを踏んでも車が前に進まずに焦ったことがあった。それ以来CVT車は絶対に買わない!と思っている。次は国産車と思っていますが、CVTの車が多く選びようがないじゃないか!と思っていたのだが、今回エクストレイルを試乗して、考えが変わった。

走り出しは思い車重を物ともせずに、アクセルの踏み込みに対してリニアに加速する。残念ながらガソリンモデルには乗っていないので、ガソリンモデルだったらどうなのかは分からない。しかし、少なくともハイブリッドはモーターで40ps以上もあるので、走り出しはモーターが相当アシストして加速していると感じた。

上り坂でアクセルを踏み込んでみたりもしたのだが、一般道の速度域では不満は全くないレベルの加速感を得ることができた。

 

さらに、変更されているサスペンションだが、すごく出来の良いサスペンションであると感じた。うちのゴルフよりもストロークは長いと思うが、GOLFでは少し跳ねる感じのある場所でも、エクストレイルの車重も手伝ってかビッタリと地面に吸い付いて走っている感じだった。また、コーナーでもロールが抑えられており、いつもよりは速度域は低かったのだが、それでも車重と全高を考えると走りやすい車である。営業さん曰く通常のエクストレイルだとかなりロールするとのことなので、たとえエアロは装着しなくてもサスペンションだけは変えるべきだなと思った。

SUVで全高が高くコーナーでは不利なはずなのに普通車と変わらない。これだけの全高で普通車と同じ走りができるのは良い。見た目はSUV好きだけれど、オンロードしか走らないなんて人は、車高も普通車と変わらず走りも問題なし!こんなエクストレイルは最高に良い選択だろう。

ランドクルーザーなどのように大きすぎないボディーサイズも良いですね。
私は妻と二人家族なので小型車でも全然問題ないが、子供がいる方でも、ミニバンではなくこういったSUVを選ぶというのは全然ありなのではないだろうか?

先のアラウンドビューがあれば、奥様も安心して運転できると思う。

ちなみにインテリジェントパーキングアシストも試してみたがこれもすごい。車庫入れが苦手な奥様も安心の機能である。ナビで駐車位置を決めたらギアをドライブとバックに入れてブレーキでクリープの車速を調整するだけでぴったり真ん中に車が止まる。一番上の写真はパーキングアシストで停車した後の写真である。
ただ、あんまり機会に頼りすぎるとボケる気がしないでもないが(笑)

 

総評

見た目よし!走りよし!ではあるが、不満点もあった。

一つはギアだ。私はゴルフにのるときに基本的にATモードでは走らない。9割以上は手動変速で運転している。その理由は変なギア変速でキックダウンされたくないし、減速時に無駄にブレーキを踏みたくないから。(下り坂でブレーキを踏みっぱなしにせずにエンブレを使いたい)
しかし、エクストレイルはドライブ・オーバードライブ・ローしかないので、事実上普通の運転ではオーバードライブしか使うことができない。せっかくのハイブリッドで回生ブレーキによる充電が出来るのに積極的に自分の意思でエンジンブレーキが使えないのは納得ができない。

また、ブレーキが異常に硬い。私が試乗した車の個体の問題なのかどうかわからないが、軽いタッチでブレーキを踏もうと思うと、まったく踏めない。力強いタッチで踏まざるを得ないので微妙な調整もしづらく慣れが必要だと感じた。個体差だとしたら問題にはならないと思うが、エクストレイルに興味のある方は上記のあたりは注意して試乗することをお勧めする。

最後にもう一つ良い点を。
内装についてはあまり触れていなかったが、レカロシートを使っている私にとって、ホールド性の低いこのシートはダメだろうと思っていた。しかし、座面が広いからか深くしっかり座れて体を安定しやすいと感じた。さらに防水シートだからかわからないが、シートが固めなので長距離運転でも疲れにくいと思った。また、扉を閉めたときに、ゴルフなどの輸入車に負けない重厚感がある。これも従来の国産車とは違って好印象だった。しかし、ここで説明したNISMOの装備に、試乗車にはなかったLEDのフォグなども装着して見積もりを出してもらったところ、ほぼ500万円という価格が提示された。
私としては納得感のある500万だなと思ったが、妻曰く500万円する車にはとても見えないと言われた。輸入車なら一番安い車であってもそこそこ高いと思われるが、エクストレイルだとどんなに高額だったとしても350万円ぐらいの車にしか見えないという感じなのだろう。残念ながらメーカーや車のイメージが先行してしまうのだろう。

ただ、国産だから安いと考えるのはもう古い考えであることがよくわかった良い試乗の機会だった。安全装備ももはや輸入車に負けていない。電子デバイスなどはむしろ国産の方が充実していると思えるほどのもりもり装備なので、考え方を変えなければいけないと思った。(国産頑張っている!!)

f:id:hato36:20161204154756j:plain

さて、間も無く10年目を迎えるゴルフだが、どうしようかますます迷ってしまうわ。

新型エクストレイルのすべて

新型エクストレイルのすべて

  • 発売日: 2007/09/01
  • メディア: ムック
 
4WD SUVパーツガイド2021年版 (文友舎ムック)

4WD SUVパーツガイド2021年版 (文友舎ムック)

  • 発売日: 2020/03/31
  • メディア: ムック