鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

Aftershokzがマイクを搭載!次世代型骨伝導ヘッドセットを販売する!

f:id:hato36:20201015144820j:plain

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000123.000036256.html

先日AftershokzがWeb会議で便利だよという記事を書いたばかりだが、こんなニュースが出ていた。

 

完全にコロナ禍を狙っている!?

ちょっと露骨な様な気はするが、骨伝導のヘッドセットマイクのクラウドファンディングが始まる。
先日以下の記事の中に外耳炎とかにもならないしいいよと書いたばかりなのにw

www.810note.com

だが、昨日今日でできる発表では無いので、少し前から考えていたのだろう。
まぁ、コロナ禍と言ってもすでに6ヶ月ぐらい経過しているしね。

prtimes.jp

 

とても理にかなっていると私は思う

実はコロナ禍前でもWeb会議では困ったことが多々あった。
シチュエーションとしては、Web会議を会社の自席で行っていたのだが、自席でモニターを使っていて、頭のてっぺんぐらいしか周りの人から見えていないと、イヤホンマイクでWeb会議をしているのが見えないのだ。
なので、電話の取次で失敗したり、最悪なのは上司が私のところまで歩いてきて、あぁWeb会議していたのね...なんてことがあったのだ。

そういう時でもこの骨伝導タイプのイヤホンがあれば、外音も聞こえるので名前を呼ばれたら両手でバツを出して電話が受けられないことを伝えたりすることも可能だなと。
また、意外と社内の自席だと周りが煩くて音が聞き取りづらい場面があると思うが、骨伝導だと頭の中に直接音が入ってくる感じになるのでそういう不便さも解消されると思う。

マイクの性能がどうかはわからないがこれはなかなか面白い発想だと思う。
バッテリーも16時間持つ様なので、それならば一日中打ち合わせの私でも問題ないだろう。

 

コンタクトセンターには間違いなくオススメ

コンタクトセンターの人などはイヤホンだったり耳に乗せるタイプのヘッドセットだったりしていると思うが、これならば耳の蒸れや髪型が崩れることも少なくて良いだろう。大量導入が進むのではないかと勝手ながら期待している。

コロナ禍だからこそのアイデアで面白いものがどんどん出てくるというメリットに期待したいと思う。