鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

SwiftUIの勉強 4日目 SliderとPickerを触る

f:id:hato36:20200819095346p:plain

今日はSliderのお勉強。
なんかそれっぽいパーツなのでちょっとテンション上がる。

 

Sliderってどんなシチュエーションで使うのだろう?

SliderはWindowsでもあったけど、使ったことなかったなぁという印象。
上記は色を決めるためのインタフェースとして使われているけど、普通のアプリで使う機会ってあるのかな?考えてみると

  • フォントの大きさ
  • 何かしらのサイズ

とかしか浮かばないけど、そもそもスマホだと限度があるし、それなら昨日使ったStepperの方が微調整がきいて良い気がする。
いろんなUIに関するパーツがあるけど、それを使い込む様なアプリって少なくとも自分が使っているアプリにはあまりない様な気がする。

とりあえず触ってみたが今のところ使い道はあまり浮かばない。

 

WheelPicker(ホイールピッカー)はよく使いそう

これは生年月日とかの選択でも使いそう。
使いやすいインタフェースかと言われると私としては正直言ってあまり好きではない。
動かして止めるという動作が細かくできないところが先のSliderも含めて好きではない理由。直感的に操作できるという意味では素晴らしいと思うが使いやすさは別の話かなと。これがもっと画面全体に表示されていて、表示されている部分の項目が洗濯しやすいのであれば、まるっと対象の項目まで移動させて、画面中から選択するだけになるのだが、ホイールを意識しすぎていて見える範囲が狭いというのが好きではない理由。
iOSが変わらなければ変わらない部分だとは思うが改善を望みたい。

 

Segmented Control(セグメンテッド コントロール)の方がさらに使いそう

f:id:hato36:20200819150703p:plain

どれか一つを選択するという用途でいえば、Windowsでいうところのオプションボタン的な使い方になるかな。それをAppleが作るとこうなるんだよという印象。
しかし、今はUIをものすごく重視されるけど、20年前は機能の方が重要でそれほどUIを重視することって少なかったなと。
デザイナーが付いて作ったアプリなんて一つしかなかった記憶。
まぁ企業内で使うものがほとんどで、一般ユーザーに広くITが使われ出したからマニュアルとか教育といった発想が薄くなった結果、優れたUIを意識する様になったのかなとか思ったり。

 

DatePickerも操作感は好きではないけどきっと使いそう

私はDatePickerの操作があまり好きではない。
どうも使い勝手がいいとは思えない。

f:id:hato36:20200819212721p:plain

しかし、日時の選択といえばやはりこれを使うもんだよね。iOSの場合。
ということで、今日は触りの部分まで勉強しておしまい。
お盆休みですっかり抜けていたけど昨日と今日とですこし感覚が戻ってきたかなという感じ。今日はおしまい。

 

ちょっとお遊びで、SF Symbolを調べてみた

f:id:hato36:20200819150825p:plain

出典;https://developer.apple.com/design/resources/

ここからアプリをダウンロードすると、専用アプリでSybolを見ることができる。
これをPowerPointで使えたらお洒落だなとか思うSymbolが多数ある。
こんな便利なアプリも用意しているなんて思いもよらなかった。

f:id:hato36:20200819151912p:plain

しかしearpodからairpods、homepodやらapplewatchなどアップル製品は多数あってみているだけでも面白い。

アプリは、Image(systemName:"ipod")といった感じで簡単に呼び出せるので、簡単に使えるので改めて便利だなと思った。