鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

AirDrop・ユニバーサルクリップボードはiPhoneとMacを使っていたら絶対に便利な機能

f:id:hato36:20200711142728p:plain

iPhoneの写真をさくっとMacBookに送って少し加工した上でサクッとブログに貼り付けたり、その逆でMacBookに保存されているデジカメ画像をiPhoneに送ったりと言うのが非常に便利。

 

AirDropが便利

最近iPad ProでもiPhone XRでもTaptekキーボードのおかげで文字入力が快適になったので活用頻度が上がっており、AirDropの活躍の場が増えている。
特に画像だったらメールやEvernoteなどを経由してもいいし、Google DriveやOneDrive経由というのもある。
しかし、MacBookを使っている時に、ちょっと写真が撮りたいなんて時はAirDropを積極的に使っている。ワンショットでiPhoneの画像をMacに取り込みたいといった時に使っているイメージだ。

ブログを書いている時にちょこっとこの写真が欲しいななんてシチュエーションが私にとっては主な活用の場。

こんなことが簡単に出来るのだが、覚えるまでは全く使おうともしなかった。
これはMacとiPhoneを使っている人は使わない手はないでしょ。

もちろんAndoridを使ってる人はiPhoneに乗り換える理由になると思う。
実際私もXperia XZ1を使っていた時期があったが、理由はいろいろあるが再びiPhoneに戻したほどだ。

 

ユニバーサルクリップボードが便利

ユニバーサルクリップボードとは何か?も知らない人のためにも解説する。

同じAppleIDでログインしているApple製品間(といってもMacとiOS間)だが。

私の使い方としては、最近勉強しているSwiftをXCodeでいじっている時によく使う。

MacBookではXCodeを開いている。iPad ProではKindleを開いて書籍を読んでいるが、そこで調べ物が出た時にMac側で検索しコード内のメソッドなどをMacのクリップボードにコピー(⌘+C)する。iPad ProでGoogle Chromeを開いてペーストするだけでサクッと検索した結果を表示して、MacBookよりも快適にブラウジングができる。

これMacBookに大画面のモニターをつなげることになったら無くなるのかもしれないが、現在は13インチの画面でSwiftの勉強もブラウジングも頑張っており、さらにマウスを使っているのでピンチインやピンチアウトがやりづらい状況にあるので、そう言う際にiPadが便利に使えている。

裏を返すと、画面が小さくてもいくつかのデバイスがあれば、少し快適な環境を作ることは可能であると言うこと。持っているデバイスの性能を最大限利用するということは常に心がけたいものだ。

モニタもMagic Trackpad2も買うにあたって金銭的には困っていないのだが、次に出るMacBookがインテル製ではなくApple製のCPUを搭載してくることになるので、そのハードウェアがどうなるのか?というのを見極めたいと思っている。

今も使っていないので問題はないが、次はBootCamp(mac上でWindowsを起動する)も使えなくなるのでBootCampが使いたい人は今のうちに購入しておくのが良いだろう。そうでなく純粋にMacはMacとして使うのであれば少し考えてみてもいいと思う。

私はMacbook Air 11インチとMacbook Pro 13インチの2台を保有しているが、流石に11インチは普段は使っておらず、主に旅行とか外出先でMacを使う場合にのみ限定されている。よって、13インチはそのままにAir 11インチをできればApple製のCPU搭載機に乗り換えるという感じにしたいなと思っている。
予定では10月から12月ぐらいに発表されると思うのでそれまでは我慢...かな。