鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

今日は再び「iPhoneアプリ開発集中講座」の本を読み進めることにした

f:id:hato36:20200709160903p:plain

今日の勉強は再び購入した本の章を進めることにした。

 

画面が狭く感じる13インチ

ちょっとコード書き始めたり、Googleで検索し始めたりすると2画面なのか大画面なのかが欲しくなるね。やっぱり買うべきなのかw(昼間はSurface Pro4で仕事をしているのもあって、夕方にはすでに目がショボショボしてきている...)
なんとなくモニタを買うならLGかなとか思っている今日この頃。何せこれで4.5万ほどなのよね。安い...よなぁ〜。ポチりたい衝動が抑えられない気がする今日この頃。

 

XCodeのデバッガ

話を元に戻すと、Timerアプリのコードを作成し切ったところで、コラムのページがあり、そこでデバッガの方法を学んだ。
二日間少しコードを自分で書いてみて、XCodeを触っている時にBreakPointを設定したりいろいろXCode上で便利そうな機能があることに気がついていたのでちょうど良いところでコラムが入った。(なんとなくこの本はXCodeの使い方を学ぶ本なのだなという気がしてきたwそして、私はそれを望んでいたので非常に助かるwww)

ダイアログが出てきたので、XCodeで自分の作っているプロジェクトと、本に沿って作っているアプリと両方を表示して、模写したコードを続けて実践してみる。

f:id:hato36:20200709175550p:plain

この辺が重要。何が重要って模写しただけでは理解が出来ないと思うのだが、自分で同じ様なコードを少し変えて書くだけで理解が深まるからだ。
出来る人はある程度読んだら自分で作るプログラムのイメージを作って、あとは辞書を引く様に本やWebを見るだけでもサクサクと新しい言語を学べると思うが、私はそこまで行ってない?ので、ちょくちょく模写したコードを試しながら知識を詰め込むスタイルなのだ。引数を変更してみて何がどう変わるのかを確認するのも良い勉強。

Alertのダイアログであれば、preferredStyleを変えてあげるとダイアログの見た目も変わるので試す楽しさもあるね。(とここまで書いてから、これまた本にも書いてあったw)

これでDay2のLesson2も終了。次はカメラアプリの模様。
これまた今までの開発では使ったことが無いので楽しみである!
スマホアプリ開発...本気で仕事でやってみたくなってきた今日この頃。

諦めきれない開発環境...

やっぱりもうちょっと本気出すためにもモニタ欲しいなぁ〜。
MacBook自体は、時々Chromeのせいかメモリが足りないことが一度有ったぐらいなのでまだまだ行けると思うんだけどね。
怖いのはモニター買って、同時に起動するアプリが増えると今の8GBのメモリじゃ足りなくなること...かな。こんなスペックが魅力だな...16インチを買うっててもあるけど...それなら13インチ+モニターの方が正解かな(妄想

f:id:hato36:20200709214244p:plain