鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

VW GOLF ヴァリアント(7.5に1000kmほど乗った)

f:id:hato36:20200301221957j:plain

先日GOLF Alltrack(オールトラック)がめでたく3年を迎えて車検だった。
その際に代車としてGOLF ヴァリアントをお借りした。
私のオールトラックはGOLF7だが、お借りしたヴァリアントは7.5でもちろんオールトラックとはエンジンも違えばAWDとFFという違いもあるので、感じた点をまとめていく。

 

GOLF ヴァリアント の美しい姿

1枚目の画像は右後ろからの写真だが、これがヴァリアントの一番美しい部分だと思った。私はもともとGOLFワゴン(当時はGOLF3とかGOLF4の時代)が嫌いだった。ハッチバックのGOLF3やGOLF4が好きすぎて、ワゴンのバランスに納得がいかなかったのがその理由。

GOLF5になってからは徐々にワゴンのバランスも嫌いではなくなってきた。実際は年齢なりにデザインの好みが変わってきたのかもしれない。

f:id:hato36:20200301224421j:plain

GOLF7になってボディーの幅も広がったこともあり、GOLF7 ヴァリアントはなかなかのデザインのステーションワゴンになった。しかし、スッキリしすぎのデザインはやっぱりハッチバック向きではないかと思ったので、ヴァリアントでも架装のあるオールトラックにしたと言う経緯だ。
しかし、よくよく見るとメッキ使いと凹凸のあるボディーデザインもあって、スッキリはしているがスタイルの良いワゴンだ
黒とメッキパーツの相性が良いのかもしれない。

好みは人によって違うのでデザインについてはこれぐらいにしておこう。

ちなみに私は上記の通り好きではないと言う一面もあった。しかし、今回一週間お借りして数日乗っただけではあるが、今までのあまり好きではないという印象は変わった。

7.5のヴァリアントはフロントバンパーがオールトラックのものとカラーリングこそ違えど同形状になったことが大きな要因だ。7から同じデザインにしておけばよかったのに(笑)

f:id:hato36:20200301225526p:plain

 

室内およびメーター周りの印象

次は内装についてだが、一番はやはりフルデジタルメータークラスターが一番印象として大きくて、この車の便利さを際立たせている。

デジタルメータークラスター“Active Info Display” 

これは乗った人でないと良さを感じられない。(ただデジタルなだけだと思っていた)
まず、メーター内に表示できる情報量が多く、その中でもスピードが数字で表示されることがこれほど便利なものかと初めて感じた。

国産車でも車速を画面中央に数字で表示するなんてことは当たり前だが、私はそう言う車に一度も乗っておらず初めてだった。
走行中の速度を意識する上では非常に便利だ。

ゴールド免許保持者の私は、特にスピードを気にしているからかもしれないが、次期車には是非欲しい機能だ。

また、方向音痴の私はナビを見ても道がよくわからないという残念な人間だが、妻が地図を見れる人間で、ナビ画面は「北が上」という設定を変更してくれないw
方向音痴の人間は自分が向いている方が上を向いていて欲しいものだ。

そんな私要望を叶えてくれるのが、メーター内のナビ表示。
このメーター内のナビ表示はインパネ中央のDiscover Proの画面とは異なり、自分の向いている方を上にして表示できる。これが方向音痴の私にはすこぶる便利だ
今回新しい道を走ることはなかったが、ナビの見え方としては視線移動も少なくとても見やすかった。

私がGOLF Alltrackを買い換えるのはまだ10年ぐらい先になる予定だが、その時はこの機能を搭載した車を選びたい。その頃は薄ら窓にナビ画面が表示されているかもしれないけどw
しかし、本当に便利な機能なのでGOLFが気になっている人はぜひ試乗してみてもらいたい。正直私は感動した。

あと、シートは座面が少し長くなったと感じた。
私は比較的足が長めのスタイルなので自分の車よりも楽だった。
逆に身長の低い人にとってはちょっと厳しい面もあるかもしれない。

 

1.4TSIは使いやすいエンジン

私のオールトラックは1.8TSIで一世代前のPOLO GTIと同じエンジンだ。
それに対して、ヴァリアントは1.4TSI。以前乗っていたGOLF5は1.4TSIでツインチャージャーだったが、この1.4TSIはシングルチャージャーだ。
パワーは当然低いが、使いやすいエンジンだと感じた。

以前よりもトルクが上がっているので低速で不足を感じないし、日常の速度域ではボディー重量あるヴァリアントでも不足を感じることはない。
以前エスクードでは1速じゃないと登れなかった登坂路も走ったが、2名乗車でパワー不足だと感じる事はなかった。それどころか、1.8TSIより非力な分だけアクセルを踏み込んで低いギアで引っ張る楽しみを得られた。
GOLF Rのヴァリアントの代車だったら...とか思っていたが、全然楽しい車だった。GOLF8が間も無くなので、GOLF7.5は代替わりをするわけだが、見た目が気に入っている人ならば今のうちに手に入れた方が良いだろう。

評論家ではないので他の多くの車に試乗したことがあるわけではないが、見た目が好きな人で、そこそこのスポーティーさと上品さ、、、燃費も悪くない(私は街乗りのみで14km程度)ときたら、長く乗っても安心できる堅実な選択だ。高いと感じるかもしれないが、この車に10年乗るのと安価な車を4年毎に買い換えるのとどちらが安いか計算してみて欲しい。

私もGOLF5には満足して約10年乗ったし、GOLF7 Alltrackも同じかそれ以上乗りたいと思っている。これはMacやiPhoneを買うのに近いと思っていて、同じWindowsやAndroidを買うよりも所有欲が満たされるという点が、輸入車でも同様に満たされるのが大きい。

上には上があるが、メルセデスやジャガーを買えばいいというわけではない。
しかしそんな車は誰でも買えるわけでもない。そんなところにすっぽりとハマるのがGOLFという車だと思う。 

ハイパーレブ Vol.181 VWゴルフ

ハイパーレブ Vol.181 VWゴルフ

  • 作者:三栄書房
  • 発売日: 2014/06/03
  • メディア: Kindle版