鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

スマホを使ってお写ん歩し、さらに加工も楽しんだ

f:id:hato36:20190929152941j:plain

スマホでの撮影も板についてきたし、撮影自体も満足感も得られるようになってきた。
実際今回の写真も良きバランスだなと個人的に思ったりw(自己満足ですから許してw)

 

Xperia XZ1での風景撮影

これもXperia XZ1での撮影である。
1枚目は特に加工したわけではなく、アプリで撮影したままである。
これが撮影時のフィルタによってまた一風変わる。
被写体こそ違うが同じエリアでの撮影がこれだ。

 

加工としてはビビッドになるフィルターをかけている。

f:id:hato36:20190929151738j:plain

なかなかドラマチックな写真になっていると思う。
おかげでカメラがスマホだと思うことも少ないのではないだろうか?

f:id:hato36:20190929145849j:plain

そしてこれ、構図も気に入っているし、雲の白さと空の青さ、木々の緑などの表現が気に入っている。X-Pro2で撮影しているときはフィルターをあまりかけ過ぎずに写真を撮る方が気持ちが良いし、むしろ見たままの雰囲気を大切にしているが、スマホだからの遊び心かなと思うし、それはそれでいいと思う。

f:id:hato36:20190929145850j:plain

ビビットな印象のフィルターばかりだと面白みがないし、秋の雰囲気を演出してくれるこんなフィルターもなかなか素敵な色味。
とまぁ、写り自体はそこそこかもしれないが、ちょっとフィルターをかますだけで雰囲気のある写真を作れたりするスマホのカメラもなかなか悪くないなと。

Xperia XZ1の標準のカメラアプリとそれ以外にもいくつか試しているが、今の所はこれ!という決め手のカメラアプリは見つけられていない。
しかし、標準カメラと加工アプリだけでも十分楽しめる。

 

スマホのカメラ機能も悪くない

今更ながらスマホのカメラってすごいよね。だってほとんどの人が持ち歩いていて、これだけの画像が撮影できる。
デジカメもいっときはカメラ女子とか流行ってかなり売れたと思うけど、これだけスマホのカメラが高性能になるとやっぱりカメラ無くてもいいやってなる人多いのかなと改めて思った。

 

ファインダーを覗くということ

私はファインダーを覗くというスタイルが好きだし、カメラというメカも好きだし、カメラならではの操作感が好きなのでデジカメをやめようという域には達しないが、そういったスタイルなどにこだわらずにお手軽さを選ぶ人には重いカメラを持ち歩く意味は理解できないだろうし、それはそれでいいと思う。そういう人にはiPhone 11 Proの三眼カメラは魅力的だろう。「超広角、標準、望遠と選べたらデジカメなんていらないじゃん!」という発想になってもおかしくない。
今までだったらそんな発想の方を残念な人だと思っていたが今は違う。
スマホでも写真撮影は楽しめる!

最新のスマホが高くて買えないという方も下記のようなレンズを買うことでいろんな画角の撮影を楽しむことができる。いわゆる一眼などを使ったことがない方はマクロなんて使うと花のアップなど、いままで見たことのない世界が撮影できるのでこれまでとは違った撮影が楽しめるのではないだろうか?