鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

The Beetle 1.2Lに乗ってみた

f:id:hato36:20180819114429j:plain

クーペではないが2ドアの車に乗るのは何年振りだろうか?

 

2枚ドアの車に乗った最後の記憶がわからない

いや、何年とかというレベルではない。
10年以上は軽く超えている。

が、父の車がiQが2ドアだっただったことを思い出したのでとりあえず訂正。
数ヶ月振りだったwwww

www.810note.com

 

代車として借りたビートル

f:id:hato36:20180819114443j:plain

ビートルを買おうと思ったことは一度もないが、今回オールトラックから異音がしたのでディーラーに入庫した。その代車としてビートルを借りた。
正直期待はしていなかったし、それほど好きでもなかった。しかし、1.2LのTSIエンジンと7速DSGが秀逸だった。街乗りしかしていないので、街乗り限定の感想になるが、街乗りには最適なエンジンとギア比率だった。

 

何がそんなに良かったのか?

1.4Lツインチャージャー(ターボとスーパーチャージャー)の初代TSIエンジンを搭載したGOLF5 GT TSI(初期)に乗っていた私としては、1.2Lのシングルチャージャー(ターボのみ)は非力だと思っていた。そして、ギアをさらに多段にしたことにより各ギアのカバー範囲が狭くてつまらない変速をするだろうと勝手に思い込んでいた。しかし大きく違っていた。

ギアはカバー範囲がかなり被っていて、1速から3速に上がってもおかしくないぐらいだ。各ギアで3000回転ぐらいまで引っ張っていくと結構な速度域まで一気に上り詰める。これが痛快なのだ。

輸入車らしく防音性能は高く、可愛い見た目とは違って勇ましい音を出して加速していくのは愉快でならない。

それでいて7速は高速道路や幹線道路の速度域の高いところで燃費をしっかり稼ぐような回転域に設定されているようで、街乗りは1速から6速までで痛快に走り、高速道路では7速をうまく使って燃費を稼ぐ走りをする。

f:id:hato36:20180819114453j:plain

すごくうまくまとめられていると感じた。

 

DSGでオートは使わない

私はオールトラックで手動変速(マニュアルモード)を主とする。
いわゆるオートマチックな形で運転した場合はよくわからない。これはGOLF5の時代から。DSGを運転するならば積極的にマニュアル運転をするのがオススメだ。もし、1.2Lエンジンを搭載したビートルに乗っている人がいるならば、マニュアルモードにして運転したらこの車の良さを改めて認識できるだろう。

f:id:hato36:20180819114507j:plain

 

見た目はどうか?

見た目はやはり可愛い。しかし可愛さの中にも美しさがあると感じた。
そのデザインの美しさがこのビートルという車の車格を持ち上げている。ゴルフ同様に静粛性も高く国産中級車以上に乗っている人でも十分満足できる。むしろ国産中級車以上だと思って問題ない。

バンパーなども綺麗なデザインで可愛い中にも格好良さもあり、車にはこだわりのある人でも満足する。ノーマルで十分だ。
強いて言えば、ミラーもシルバーでホイールのシルバーと色を合わせて欲しかった。
また、メッキ部分もデザインとしてはイヤラしくなく、綺麗にまとまっていると感じた。(メッキは嫌い)

妻は代車とは言え恥ずかしいとまで言っていたが、実際に乗って改めてこの車をじっくり見ると、派手すぎず中年の我々が乗っても恥ずかしいことはないという結論に至った。買うかどうかは別にしても、ホワイトだったらどの年齢層が乗ってもおかしいことは全くない。

 

やっぱりデザイン優先の遊び車?

f:id:hato36:20180819114519j:plain

以前友人が乗っていたNewビートルと比較すると荷室が大幅に改善されて広くなった。ちなみにトランク積載容量は305Lとのこと。広くなったと言ってもヴァリアントであるオールトラックなどほど広いわけではないが、デザイン優先なビートルでこれだけの荷室の広さがあれば十分だ。

写真は撮影しなかったので、こちらをご覧いただければと思う。

www.webcg.net

f:id:hato36:20180819114528j:plain

 

弱点はないのか?

弱点はやっぱりドアの大きさと重さ。
ビートルだけでなく2枚ドアの弱点ということになるがドアが重くて大きい。
狭い駐車場での乗り降りは注意が必要。2段階まで広げる場合はかなりのスペースが確保されていないと開けられない。普通は1段階しか広げることはできないだろう。
さらに狭い駐車場だと1段階ですら厳しい。

f:id:hato36:20180819114544j:plain

しかし、一度乗り込んでしまえばそれも気にならないので乗り降りするときだけ注意すれば...とも思う。しかし、特に小柄の人はシートも前よりに配置するだろうから、そうなるとさらに乗り降りは大変となるので、狭い駐車場の人は事前にしっかり確認した方がいい。乗り降り時にシートを下げてから乗り降りするような運用とすればいいが、それぐらい気にならない!と言い切れるぐらい好きな人が乗らないと、いつかドアの大きさと重さに嫌気がさす。

もちろん2人以上乗ることが前提の方も同様だ。後席も以前よりは広くなったが、それでも狭い。2人以下で乗ることがほとんどという人でない限りはビートルは選べないだろう。

 

内装はどうか?

f:id:hato36:20180819114600j:plain

内装とシートは素晴らしい。シートはGOLFと比較しても大きく変わらない。
しかしデザインは流石。デザイン性が高いので室内空間の満足度も高い。
私はホワイトがベースになった室内だったが清潔感とオシャレ感とが混在していて、車=機械ではあるが、そうと思わせない雰囲気が漂う。

f:id:hato36:20180819114619j:plain

強いて言えば、私の乗ったグレードだと、ディスカバリーPROではないからか、なんの操作ボタンもない。オールトラックでハンドル操作に慣れた私には少々不便さを感じた。また、マニュアルモードを使うにあたって、時々パドルも使っているが、このビートルにはパドルもないため不便と感じた。

f:id:hato36:20180819114643j:plain

メーターは3連メーターとなっているが、タコメーターが小さく、走りがメインの車という感じではないところがビートルらしい。
でもメカメカしさよりもデザインを優先するビートルならばこれぐらいでぴったりだ。

f:id:hato36:20180819114710j:plain

 

The Beetle 総評

買いだ!間違いなく買いだ!
正直次はビートルがいい!と思ったぐらい買いだ!
本当ならばR-Lineがいいと言いたいが、あえてThe Beetle Designあたりが良い。
できればシートカラーはベージュの明るいものとし、ボディーカラーはグレーなんかが落ち着いていて良い。デザインの主張が強いので色はあえて地味目を選ぶのが私のポイント。なかなか良い選択だと思う。

f:id:hato36:20180826100411p:plain

 

ジク (SIKU) VW The Beetle SK1417

ジク (SIKU) VW The Beetle SK1417

 
フォルクスワーゲン ビートル大全集: Volkswagen Beetle from 1938 to 2003

フォルクスワーゲン ビートル大全集: Volkswagen Beetle from 1938 to 2003