鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

しょうぶ園で紫陽花を愛でる(OM-D E-M5 & α7)

f:id:hato36:20180603150213j:plain

足が痛かったので無理はできなかったが、しょうぶ園は駐車場から歩いてすぐだし、それほど大きい施設ではないので、足が痛くてもそれほど無理をせずに見て回ることができる。思い切って、α7とOM-D E-M5を持って撮影に出かけた。

今回は下記の構成。

  • α7 + CarlZeiss Biogon 35mm F2
  • OM-D E-M5 M.Zuiko Digital 12-100mm F4 PRO

今回は画像の加工は一切していない。
カメラでホワイトバランスを弄ったりはしているがその程度だ。
二つのカメラとレンズで撮影しただけである。

 

α7で撮影したしょうぶ園

一番上の紫陽花もα7で撮影した写真である。

f:id:hato36:20180603150302j:plain

f:id:hato36:20180603150400j:plain

f:id:hato36:20180603150556j:plain

周辺減光が厳しいので、露出は+0.3(上の2枚)とかしているわけだが、もう少し明るくしても明るさに負けて色が潰れたりはしないだろう。
これがやはりフルサイズだ!というところだと思うが、1インチのセンサーのRX10も全く負けていなかったことを考えると、マイクロフォーサーズだっていい写真が撮れるぞ!(多分w)


ということで、今回はα7とOM-D E-M5で出かけたわけだ。
実際にマイクロフォーサーズで撮影した写真を見てもらおう。

 

OM-D EM5で撮影したしょうぶ園

f:id:hato36:20180603145827j:plain

今回OM-D E-M5はα7に負けないぞ!という意気込み?があったので、敢えてOlympusのレンズであるM.Zuiko Digital 12-100m F4 PROを持ち込んだ。 

OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
 

望遠寄りの焦点距離を使うと、ボケも綺麗に出てくれていると思う。
フルサイズのα7を使っている私でも満足できる。
防湿防滴のOM-D E-M5とPROレンズではあるが、こういう写真を見るとコンパクトさやすでに持つレンズラインナップを考えても山登り用という限定的な位置付けではなく一軍として使っていけばいいのではないかと思うほど。

f:id:hato36:20180603145903j:plain

F4のレンズだからということもあるが、ピンクも紫も美しく発色して、なおかつシャープさが他のメーカーよりも強く反映されていると思う。
OM-Dを使いたいと感じるのは、このシャープさが求められる時である。
マイクロフォーサーズだから...ということではなく、イメージとかけ離れることなく、シャープさとボケを手に入れられる十分なカメラとレンズである。
強いて言えば、E-M5だと画素数が...と感じることがα7との比較では思うところはあるが、こういうブログにリサイズして掲載するぐらいだったら全く問題ない。

f:id:hato36:20180603145923j:plain

白はもちろんしょうぶと言ったら紫は欠かせないが、決しておかしな色味になることなく綺麗に発色してくれている。
しかし、私としては緑の綺麗さに目がいく。私の滅茶苦茶な構図(勉強したこともないので適当w)でもシャープな部分とボケている部分としょうぶの葉をとても上手に表現できている。

f:id:hato36:20180603150030j:plain

強い陽の光を浴びたしょうぶもよく表現できている。
やはりピントの合っている部分のシャープさが際立っていると思う。
逆いうとフルサイズよりもボケが弱いからそう思うのだろう。

f:id:hato36:20180603150049j:plain

しかしこれなんかは我ながらよく撮れていると思う。
普通の写真ではあるが、これが一世代前のマイクロフォーサーズで、ここまで綺麗に撮れるなんてもはやセンサーサイズとはなんのことか。
RX10m4を使って1インチセンサーに驚き、改めてマイクロフォーサーズについても見直した。プロカメラマンがマイクロフォーサーズを使って撮影した写真は素人目の私には全くセンサーのことなど感じさせない。(構図とかテクニックがそもそも違うと思うが、裏を返すとテクニックがあればセンサーサイズなんて関係ないとも言えるだろう)

f:id:hato36:20180603150320j:plain

しかし忘れてはいけないこともある。
マイクロフォーサーズはセンサーが小型であり、本体も小型のものが多い。
もちろん安価なものもあるが、高価なものと安価なものとにはやはり機能差があることは忘れてはいけない。マイクロフォーサーズだって高級機種ともなると10万円は超えるのである。マイクロフォーサーズの最高機種となるであろうOlympus E-M1 Mark IIについては、すでに発売から1年半経過しているが、現在でも17万円を超える価格である。
それでも数万円は値下がっているのである。

しかし、私が最近思うのは、以前も買おう買おうと思っていたPEN-Fのコンパクトさに魅力を感じている。iPad Proを買ったことで、持ち物が増えてきてカメラの大きさが気になってきたからだ。

f:id:hato36:20180603151013j:plain

望遠側を使うことでちゃんとボケも出せる。
これはやっぱり便利な12-100mm F4でもPROレンズのおかげというのもあるだろう。

f:id:hato36:20180603151235j:plain

100mmの焦点距離側だとこんなに浮き上がらせる事も可能。
単焦点で自分が動いて絵をつくるというのはありますが、望遠でも自分が動く事でこういう絵も作れるわけです。寒い時期は野鳥ばかりだったので、少し前の下田の紫陽花に続いてではあるが、OM-D E-M5の出番は久しぶりだったわけだが、この写りの良さを見てしまったら、一気にマイクロフォーサーズいいじゃん!となり、そしてよりコンパクトなPEN-Fに心が写ってしまったが、愛用のα7は手放せないよなぁとか思いながらも、次はどこにどのカメラを持って行こうかなと考えている。

今年は介護や足を痛めていることも合って開成町の紫陽花を見にいけなかったのが唯一残念ではあるが、写真は近場でも楽しめるので、自分の動ける範囲で楽しめる事をやろうと思う。