鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

NIKE AIR Zoomelite9をランニングシューズとして追加した

f:id:hato36:20180212210105j:plain

私は以前購入したNIKE LUNATEMPO2を愛用しているが、新たにNIKE AIR Zoomelite9を追加で購入した。

 

箱根駅伝に刺激されて新しいランニングシューズを購入

箱根駅伝で東洋大学のメンバーが履いていたヴェイパーフライ 4%が欲しい!
とはいえ、流石に週末の健康のために走っているようなランナーには不要だと思いズームフライが欲しいとも思ったが、店頭はもちろんだがオンラインでもすぐに売り切れてしまう状態だった。
そもそも私程度のレベルだとそんなシューズは...と思って新たなシューズを買うのもやめようと思っていたが、昨年不意の雨で濡れてしまった靴の代替がなくてランニングが出来ない日があったので、一足買い足すことにした。

 

過去に履いたことのあるランニングシューズ 

過去には下記のシューズを履いていた。

  • NIKE ルナレーサー
  • New balance minimus MT10
  • New balance M980
  • NIKE ルナテンポ2

NIKEから始まった私のランニングだが、minimusは完全にサイズに失敗してしまった。
つま先が当たって痛かったので、300kmぐらいしか走らずに譲ってしまった。
M980は快適だったが、靴底がだいぶ減ってしまったのと、仕事が忙しすぎてランニングをしない時期が長引いたので、自分の走る意識を高めるためにルナテンポ2をアウトレットで購入した。

ちなみにAIRは、ルナレーサーよりも前に何足か履いていたが、ジョギング時に足がふわふわし過ぎてちょっと酔うような感覚だったのでそれ以降AIRは避けていた。
しかし店頭で久しぶりに履いて見ると昔のようなふわふわ感はなく、とても良いクッションでなおかつ走りやすそうだと感じた。そしてZoomelite9を購入した。

ちなみに、年末に購入したのだが、この色はすでに廃盤で現在は別のカラーになっていることもあってかかなりお安く購入できた。(物は現行品なので性能は十分!)

 

シューズの色で気分が上がる

色もすごく良いマッチングで、ピンクのナイキマークがすごくお洒落。
ピンク色なんて自分の小物も含めて持っていたことあるだろうか?と思うが、ランニンググッズならば少し派手な色が入っていても決しておかしくはない。
在庫のみと思われるのでこのカラーが欲しい方は急ぐべし。
グラデーションのカラーも前からと後ろからとで別のシューズにも見えるし、サイドから見るとグラデーションが美しいズームエリートはかなり良い。

新しいカラーは濃いブルーとブラックのグラデーションでこれはこれでとても良い。
とはいえ、流石に走る時には一足しか履けないのと、今以上はシューズを持つつもりはない。2足あれば十分だ。

ジョギングを始めて、初めて2足のランニングシューズを持つようになったわけだが、残念ながら使い分けと言うほどの技量は持っていない。
週末に一回9km程度を走るだけの私では、重さ以外の使い勝手は未だ分からないので、履き比べることでシューズの違いを感じてみようと思う。

 

しかし、私はニューバランス、ナイキの2種類しか履いていないが、アディダスやアシックスなんかも履いて見たいと思い始めている。

 

ファッションもモチベーションを維持する重要な要素

ナイキのズームフライはすごく特殊なシューズであることは理解しているし試してみたいが、性能を意識するほどのスピードも距離も走らないのでそこまでは求めない。
しかし、逆に走るモチベーションを維持するのにファッションの要素が重要だと改めて感じた。

ランニングシューズは最新のものを買うといいお値段となるが、型落ちを選べば私のように安価に買える。
さらにウェアなども最新のものを買うと当然高いが、スポーツメーカーは大抵アウトレットに出店をしている。ウェア類も最新でなければ安価に購入できる。

私もこれまでは暖かい季節しか走っていなかったので、Tシャツと短パンぐらいしかランニングウェアとしては持っていなかった。
しかしながら、私は山登りもやるので、ウィンドブレーカーやスポーツベストなどのランニングに使えるものをそもそも持っている。スポーツタイツ(C3fitとCW-Xの2種類)も持っている。さらにはサングラスも度入りのオークリーを持っているので、ランニングするのに必要なグッズはそもそも多数持っていたのだ。使っていなかっただけ。
山登りのものは大抵ランニング時にも使えるのでファッションも楽しめる環境である事を再認識した。

 

あとは、NRC(NIKE+ RUN CLUB)のアプリをスマホに入れてランニング時に計測している。残念なことに私の使っているライフログツールであるFitbit Altaはオートポーズの機能が無い為、信号を跨ぐようなランニングコースを走る時には非常に都合が悪い。日によって1kmのラップタイムが6分を超えたり5分半だったりとばらつきがひどい。
NRCにはオートポーズが付いているので、実質スマホで計測しているNRCの方がペースを確認するのが良い。今よりももう少し走ることも楽しみたいと思うので、計測ツールやアプリについてももう少し考えてみようと思う。

 Webで見た限りだと本格的にランニングをするのにはガーミンやスント、エプソンなどが良さそうであることがわかった。
Fitbitも進化しているが、ランニングしている人でFitbitを使っている人はあまりいない様なので、見直しをすることになるかもしれない。