鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

Xperia XZ1 背面保護フィルム ラスタバナナ ネット限定 青海波

f:id:hato36:20171231182323j:plain

ケースをつけると大きなXperia XZ1のボディがさらに大きくなってしまうので、ケースを使わずにボディーを維持する方法を選んだ。

 

貼り付けの難しさは無い

位置決めさえ出来れば貼り付けはそれほど困難ではない。
器用ではない方だが、気泡もヨレなども全くなく貼り付けることができた。
f:id:hato36:20180106183352j:plain

見てもらうとわかるが左右には少し余裕がある。
カメラ位置に合わせて貼り付けるので、正しく貼り付けて上記画像の状態となる。ちなみに左右は余裕があるが上下はほぼぴったりでほとんど余裕がない。
保護するという意味ではもう少しサイド部分も覆って欲しかったが、まぁ100%保護できなくても十分。本体のアルミの手触りより滑り止めの効果を期待したが、それは過度の期待だった。ただ、それは現在の乾燥している現在の季節だからの話。
もう少し季節が変わると期待通りの滑り止め効果が得られるだろう。

ちなみに水滴で少し手を湿らせると途端にホールディングが良くなる。
気温が上がる頃には手に汗を書くことになると思うのでおそらく滑りにくくて良いだろう。

 

幅広なXperiaはホールド性が悪い

f:id:hato36:20180104120836j:plain

もともとiPhone7よりも幅広なXperia XZ1はホールド性が悪い。
持つだけならばどちらも大きな差はないが、Xperiaの場合は片手でスマホを持って画面右上のメニューを選択しようと思うと、がっちりホールドしていた手を外して指先にスマホを乗せる感じになってしまう。画面をタッチする際はスマホを挟むことになるが、一瞬スマホは指先に乗っているだけなのだ。
この瞬間にバランスを崩してスマホを落とすのだと思うが、指先から滑り落ちづらければ画面が割れるリスクは減る。そう考えると、少しでも滑り落ちるリスクを減らすためにも無駄に大きなボディにさらにケースを装着するのはやめた方が良い。
その答えの一つが背面保護フィルムだ。

まだ、装着して間もないのでもう少し様子を見るが、現時点では正解だと思っている。