鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

新春ランニング!

f:id:hato36:20180103202418p:plain

元旦に走るとニューイヤーランというメダルがもらえるというので、予定のない午前中に走りに行ってきた。

 

シューズはルナテンポ2

今年もNIKE ルナテンポ2で走りに行ってきた。
ルナテンポ2つについては下記を参照して欲しい。

www.810note.com

 

箱根駅伝で目立ったナイキのシューズ

ここ10年ぐらいは箱根駅伝が好きで毎年楽しみにしているが、今年はふと見たことのないナイキのシューズが目についたので調べてみた。

f:id:hato36:20180103202730p:plain

出典:https://www.nike.com/jp/ja_jp/c/running/fast

往路優勝、復路2位の東洋大が履いていたものだが、少し前の定番だった薄底だったシューズとは違い厚底だ。
あまりランニンググッズには興味がないので知らなかったのだが、昨年後半は陸王(ドラマ)を楽しんだこともあって、薄底でミッドフット走法が頭に焼きついていた。しかし、流行りは薄底ではなく厚底らしい(笑)

 

シューズが与えるレースへの影響 

厚底か薄底かは個人的には正直いうとどうでもよいが、シューズがレースに大きく影響するというのがびっくりした。
いや、もちろん早く走るための開発が行われているだろうことは想像がつくし、それがメーカーとして当たり前だと思うが、陸王で薄底があまりにも刷り込まれすぎていて、まさかの厚底がこれからの主流になるのだと知ってびっくりした。

 

時代は厚底(NIKE)

逆転の発想なのかどうなのか私にはあまりにも知識がなくて分からないが、どうやら靴底にカーボンファイバープレートなるものが入っていて、反発力が次の一歩の推進力になるのだとか。しかもシューズの名前に4%と入っていて、ランニング効率を4%高めるという意味で4%と入っているとか恐ろしいセンス! ← これは冗談ではなく本気

で、色々な記事を探すとこのシューズのことがよくわかる。

king-gear.com

dime.jp

さすがNIKEだ。今まのシューズサイドのナイキのマークが大きくなってとても格好良い。少し前までは、蛍光イエロー、蛍光オレンジ(ピンク?)が流行っていたが、今年は東洋大始めブルーのナイキのシューズが多かった。これからはブルーがはやるのだろう。

私はそこまでグッズにはこだわらないのだがこれは格好良い。次は間違いなくこの大きなナイキマークのシューズを買いたい!ちなみに道具にこだわるのは良いと思う。特に健康に寄与するものなので、モチベーションが上がるのであればむしろ凝る方が良いだろう。