鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

ゴルフ オールトラックで初の長距離走行

f:id:hato36:20170906082059p:plain

山形に行く時の手段として、足の悪い父を連れて行くために車で行ってきた。

車はもちろん私のゴルフ オールトラック。
三月末に納車して約5ヶ月が経過したが、走行距離は今回の山形往復を含めると7,000kmを超えた。
片道約500kmだったので、今回だけで1,000km増えたことになる。
関東近郊の走行は多かったが、数百キロをまとめて走るのは初めてだったので感想をまとめておく。

 

 

気になる燃費は?

普段の街乗り走行だと10km/1L切ることが多いが、多少高速に乗ったりすると11km/1L〜13km/1Lと言う感じ。GOLF5 GT TSIが街乗りで13km/1Lを達成していたのに対して燃費はあまりよくない。とはいえこの結果はこのクラス(エンジン、ボディーサイズ)からしたら平均ぐらいだろうか?
知人のボルボ V40 クロスカントリーだとこれよりも少し良いぐらい?アウトバックだと高速はもう少し良い結果が出るようなことを聞いているが、私の中では良くはないにしてもこんなものだろうと言う納得感がある。

で、今回大人三人乗車で9割は高速走行だったが、満タン法の結果は

往路 512km/42L = 12km
復路 460km/34L = 13.5km

とあまり振るわない結果に...結果として普段とあまり変わらなかったと言うのが結論だ。もちろん運転の仕方にもよるし混雑状況にもよるので一概には言えない。
ちなみにコンピュータ上では15km弱と表示されていた。
これはあてにならないのであくまで参考だ...
ちなみに往路は法定速度に近い速度で巡行し、帰りはそれよりも少し早いスピードで巡行した。エアコンは常時ONだったが、帰りの方が巡航速度が高くその結果燃費も良いと言う結果に...

行きは常磐道を使い帰りは東北道を使ったのが影響しているのだろうか?もしくは行きに登りが多く、帰りに下りが多いとか???その辺はわからないがこの結果だった。
あとは、行きのガソリン量には山形に到着してから高速を降りて走っている時間も長かったからかもしれない。しかし、期待するほどの燃費ではなかった。

 

走行性能は?

まず高速道路を走るために便利と思われる機能は2つ!

  1. レーンキープアシスト
  2. アダプティブクルーズコントロール(ACC)

一つ目のレーンキープアシストだが、私にはまだ不要だと感じた。
どのようにこの機能が働くかと言うと、走行車線から追い越し車線に車線変更をしようとすると、ハンドルが自動的に戻ろうとする力が働く。脇見運転とかだと意味のある機能だが、高速でちゃんと運転している人間からすると逆に無駄な力が働き、車線変更がスムーズにできないという弊害が起こる。
ウインカーを出すとレーン変更に引っ掛かりがなくなるのは素晴らしいが、このタイミングが微妙。混雑している時はウインカーを出して少し経ってからハンドルを切るので問題ない。しかし、流れている時はウインカーを出すと同時にハンドルも切ろうとするので、常にハンドルが引っかかって運転しづらくなるのだ。


眠い時や歳をとってからはうっかりレーンをはみ出す恐れもあるだろうから、常時ONにしていてもいいと思うが、若い方が使う機能ではないと思った。
若い方でも眠い時は無理に運転せずに、10分間でもパーキングで寝るのが正しい選択だろう。(私も時々やるが、10分〜20分目を閉じるだけで全然違う)

 

もう一つはオートクルーズコントロールだが、いわゆる前車追従型のクルーズコントロールだ。クルーズコントロール自体は高速道路ではこれまでも利用していた。
オールトラックの前車追従型は前車が急に遅くなったりすると、自車にも自動的にブレーキがかかる。このブレーキが結構ガッツリ踏まれる感じなので乗っている皆が前のめりになる程だ。高速で80kmでオートクルーズコントロールをしていればそれほどでもないが、100km程度で設定してしまうとトラックで必ずつんのめる。同様に、前に車間を開けずに車線変更をする車がいる場合も同様だ。それが不満でオートクルーズコントロールもあまり使わなかった。
私の設定などの問題もあるだろうが、まだ年齢的にそこまで機械に頼らなくても運転自体は大変でもないのでそれほど困らないが、まぁ機械制御なんてこんなものかなと思う。

f:id:hato36:20170806142008j:plain

  • 総じて運転は楽!
  • 少し凸凹な未舗装路を走ることもあったが、それも全くの問題なし!
  • コンビニや高速のパーキングの車止めを気にする必要は全くなし!
  • サラウンドアイカメラシステムは便利!(http://web.volkswagen.co.jp/afterservice/parts/pdf/surroundeye.pdf

 

サラウンドアイの便利な使い方

最後にあげたサラウンドアイだが、バックカメラだけでなく周囲すべてが写せるのが便利である。私の場合は一度車を駐車場の枠に止めてからバックギアに入れてカメラを起動する。そうすると車の外周を写すことができるので、車がちゃんと枠の中に入っているのか?や前後左右に問題はないか?といったことを確認することに使っている。
これがかなり便利だ。危険がないか?ちゃんと駐車枠内に入っているか?などがドアを開けることなく全て確認出来るのだ。(バックギアに入れずにこのカメラが起動できるとさらに良いが...)

あと、バックするときにカメラを見ながらバックできると思っていたが、これは間違いだと感じた。
バックするときにカメラを見ながら車をバックさせるのはさすがに違和感がある。
と言うか真っ直ぐバックできる気がしない(笑)
バックする時の周囲の確認などの補助として見るのが良い。
助手席に誰か乗っているのであれば、助手席の方にモニターを見てもらうと良いだろう。一人ならばバックする際にまずモニターを確認し人や物が無いか?という確認をして、その後はバックミラーで普通にバックする使い方が良い。
納車の時に豊橋で装着してからディーラーに持ってくると言っていたので、後付は出来ないと思われる。装着を考えている方は納車前に是非!

Motor Fan モーターファン Vol.9 (モーターファン別冊)

Motor Fan モーターファン Vol.9 (モーターファン別冊)

 
ニューカー速報プラス 第7弾 VOLKSWAGEN GOLF R&GTI (CARTOP MOOK)

ニューカー速報プラス 第7弾 VOLKSWAGEN GOLF R&GTI (CARTOP MOOK)

 
ニューモデル速報 インポート Vol.29 フォルクスワーゲン・ゴルフのすべて

ニューモデル速報 インポート Vol.29 フォルクスワーゲン・ゴルフのすべて

 

あ、そうそう!山形でもオールトラックを見た。
ホワイトで、ルーフにキャリーを装着されていた。
4WDなので雪国でも安心だ!(過信は危険!)