鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

w-inds 「We Don't Need To Talk Anymore」が格好良い

w-indsはスキマスイッチ提供の楽曲(キレイだ)を歌っていたので結構好きだ。しかしながら、それは13年も前のこと。

気がついたら当時は幼かった印象のあった彼らがすっかり大人になってこんな格好良い楽曲を歌っているとは...

 

何と橘さんの作詞作曲!

誰が作曲したのかな?と思って調べて見たらセンターの橘 慶太さんが作詞・作曲されているのだ。これも驚きだ。
若い頃は声が高く歌が上手いな〜という印象しかなかったのだが、努力されたのか才能なのかわからないが、作詞・作曲もされているとは!!

 

ダンスというと安室さんと三浦大知さんが思い浮かぶ

女性だと安室奈美恵さんがダンスも歌も格好良くて好きだし、男性だと同じくダンスと歌で三浦大知さんが格好良い。
安室奈美恵さんはテレビにも多く出演されていたから見る機会が多かったのもあるが、三浦大知さんは完全にYoutubeで見かけて好きになった。
Folderだった頃の可愛い三浦大知さんもYoutubeで見れるw
その頃の三浦大知さんは和製マイケル・ジャクソンって言われていたと思う。
十分名前負けしないミュージシャン?ダンサー?に育ったのではないかと思った。

 

Youtubeのおかげでダンスが好きになった

そもそもYoutubeがなければ、私が歌と「ダンス」なんていうことはまずなかった。
そもそもPVなんて有名な歌手のものを音楽番組でチラ見する程度だったと思う。
最近はラジオですら聴きながら流れている楽曲の名前が直ぐに見れたりと音楽好きな人には本当に便利な環境になった。

 

曲名を探すのに手間のかからない現在

私の時代は、近所の小さなCDショップでは最新のものぐらいしか買わず、洋楽などを探しに行くのはHMVやTOWER RECORDなどで視聴を散々し、ジャケットやショップの方のコメントを見たりしてCDを購入したものだ。
ラジオもよく聞いて、この歌なんだ?ってことになって、ずいぶん経ってから誰の曲かを知ったりする様なこともザラだった。今と違いインターネットでは曲名を調べることは出来ないし、Shazamなんて便利なアプリもなかった。
DJのコメントをよーく聞いて、メモるしかなかったのだwww
今の若者にはこのもどかしさはわからないだろう。

 

ちなみにShazamは私も常にアプリとしてインストールしている。
意外と街中で聞こえてきた音楽を調べるのに使ったりすることがある。
100%とは言わないが、雑音に紛れていても結構音を拾って高い正解率を誇る素晴らしいアプリだ。

Shazam - 音楽認識

Shazam - 音楽認識

  • Shazam Entertainment Ltd.
  • ミュージック
  • 無料