鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

2017.01.29 里山で野鳥散策

f:id:hato36:20170129155047j:plain

近所の里山でカワセミが観れるというブログをちらほら見かけて散策をしてきた。

 

カワセミ祭り

1枚目も2枚目も同じカワセミだが、3枚目は別のカワセミである。
結局2羽のカワセミを2.5時間ほどで見つける事が出来たのは大きな成果だ。(初心者の私にしては...)

f:id:hato36:20170129154846j:plain

f:id:hato36:20170129145309j:plain

 

機材はOM-D E-M5と75-300mm

今回もOM-D E-M5 + M.Zuiko Digital 75-300で臨んた。
結局デジタルテレコン(デジタルの2倍ズーム)を一部の写真では使いましたが、野鳥撮影には使わないようにするのが良いと改めて思った。
今回は連写を多用したが、連写すると返って手ぶれ写真を連発してしまっている状況で、むしろ連写しない方が良いと感じた。

 

また、下記の写真のように動いた瞬間を収めようと思ったが、これは完全に失敗した。

f:id:hato36:20170129155425j:plain

OM-D E-M5が悪いわけではないが、動き物は未だどのような設定で撮影すべきか理解していないこともありこの結果である。

そもそもS-AF+MFを使っていたのが間違いであり、C-AF+MFを使うべきで合った。
今までは風景や花など静止物の撮影しかほとんどやっていない事が露呈したとも言える。静止物の場合はそれほど設定をいじる事がないのだが、野鳥撮影ではそうはいかないらしい。

あとはシャッタースピードだろう。ただ、シャッタースピードをあげると暗くなってしまうのでこのレンズでどこまであげるべきか悩む。

 

まだまだ野鳥撮影には学ばなければならない事が多い。
しかし、カメラのことをよく知る良い機会である。 

デジタルカメラによる 野鳥の撮影テクニック

デジタルカメラによる 野鳥の撮影テクニック

 
デジタルカメラ野鳥撮影術 完全新版 プロに学ぶ作例・機材・テクニック (アスキームック)

デジタルカメラ野鳥撮影術 完全新版 プロに学ぶ作例・機材・テクニック (アスキームック)

 
東京近郊 野鳥撮影地ガイド

東京近郊 野鳥撮影地ガイド

 
日本の野鳥 山野の鳥 入門編

日本の野鳥 山野の鳥 入門編