鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

手帳:Davinci(ダヴィンチ)のバイブルサイズ手帳からただのノートへの移行を検討

f:id:hato36:20110205121113j:plain

私はiPhone7を使う前はGalaxy S6を使っていたわけだが、さらにそれよりもだいぶ前のPDAと呼ばれていた頃のいわゆる電子手帳の世界から手帳にもデジタル機器を用いてきた。
しかし、かと言ってアナログの手帳を全く使っていなかったわけではない。

 

現在の手帳

2011年に購入したDavinci(ダヴィンチ)の手帳である。(写真は2011年のもので、当時はiPod touchをメインに使っていた)
ほぼ日手帳やクオバディス(Quo Vadis)も含めてこれまで使ってきた手帳の中で一番長く愛用している。

 

なぜダヴィンチ?なぜバイブルサイズ?

手帳には以下のことを書いている。

  • スケジュールの記入
  • メモ(仕事)
  • メモ(プライベート)

基本的に誰でも手帳に書くことを当たり前のようにやっている。
とっさの時など、電子手帳や現在のスマホでパパッと入力するのが難しいシチュエーションだったり、役員の前でいきなりスマホを出して入力することが難しいと言ったシチュエーションもよくあるので手帳を使っている。

そして、ほぼ日手帳なども使っていたけれど、このバイブルサイズがちょうどよかったのである。ちょっとしたメモを書くのにも都合の良いサイズだし、1ページ1日のDailyのリフィルも使い勝手が良かった。

レイメイ藤井 手帳リフィル Date your dream 聖書 フリーデイリー DR17
 

 

使い方やデジタルの環境が変わってきた

会社のスマホでスケジュール管理をすることが当たり前になり、個人のスケジュールのGoogle カレンダーとiPhoneの標準カレンダーで両方を俯瞰できるようになった。
平日はそもそもお昼ご飯の時間すらランチミーティングで埋まるほど打ち合わせの多い私は、スケジュールを手帳で管理する必要も無くなってきたし、正直追いつかなくもなってきた。なのでスケジュールは完全にスマホに任せてしまおうと思う。

そうなると、メモだけが手帳を使う理由になる。メモもデジタルで取ることが増えたのだが、それでも先ほど書いたようにデジタルが使えないシチュエーションがあるのと、ボールペンや万年筆などの文具好きでもある私としては、完全にアナログを捨て去ることができない。なので、アナログのメモだけはもう少し快適に取得できる環境を用意しようと考え始めた。

 

メモなら手帳というよりはやっぱりノートだろう

当然ながらバイブルサイズの手帳よりもノートの方が都合が良いのは間違いない。
実はノートも使うことがあるので、持ち歩いてはいないが机に常備している。
ノートのサイズにはこだわりがないので、会社のCampusのノート(サイズは何種類か用意されている)を適当に選んでいろんなサイズを使っている。

その中でも、A5サイズが一番持ち歩きにもしっくりくる。

そこでいろいろ調べたら2冊のノートを挟むことができるコクヨのSystemic(システミック)が良さそうであることがわかった。

www.kokuyo-st.co.jp

コクヨ カバーノート システミック リングノート対応 黒 A5 B罫 50枚 ノ-685B-D

コクヨ カバーノート システミック B5 グレー/黒 A罫 40枚 ノ-653A-1

コクヨ カバーノート システミック アクティブ A7 ノ-657B-D

 

ノートにはこだわりたい!

ノートにはこだわりたい。
こだわりなんて書くと、「紙質」と思われるかと思うがそうではない。
紙のままの保管は場所を取るのと検索性が悪いので、基本的にはデジタル化して保管しておきたい。

なので選択肢としては以下の三つがあると思っている。

  1. メモパッド(Cami メモパッド)
  2. カットオフ(切り離しできる)ノート
  3. A5サイズのルーズリーフ(または手帳)

これはいずれのパタンでも良いのだが、1はスマホで直接撮影し、デジタル化をするという方法を取ることができる。2は必ずScanSnapなどのスキャナが必要になる。(貰い物のScanSnap S1500は持ってるけど)

富士通 スキャナー ScanSnap FI-IX100A

富士通 スキャナー ScanSnap FI-IX100A

  • 発売日: 2015/02/06
  • メディア: Personal Computers
 

正直読み返す機会がどれだけあるか?というのは疑問が残るが、今後は書いたものを定期的にスキャンしておき、スマホなどで後で読み返すようにしたいと思っている。
そういう意味ではEvernoteに保管するためにページを切り離してスキャンして読み込んだものは捨てる運用が必要だ。なのでカットオフできるノートである必要があるのだ。もちろんメモパッドでもいいのだが、メモパッドだと裏面を使わなくなりそうで、ページが無駄ではないか?とも考えている。(以前、ロディア No.13も愛用していたが、裏面を使っておらずもったいないと感じていた)

ただ、書いては切り離してスキャンして使うという意味では安価で良いものである。
カバーも豊富だし。(この記事を書いていて再びロディアでもいいかなと思っているぐらい) 

ロディア No.16 方眼罫 オレンジ cf16200

ロディア No.16 方眼罫 オレンジ cf16200

  • メディア: オフィス用品
 

Camiのメモパッドも、貰い物ではあるがA7サイズの小さいものは使ったことがある。確かに便利である。

ただし、CamiAppは安価ではないのだ。
Amazonで542円である。先のロディア No.16でも594円である。 正直これはちょっと高い。私の使い方では、打ち合わせ時などにメモを取ることのみだけでなく、自分のやっている作業をちょくちょくメモしたいと考えているので紙の消費は早いのだ。

コクヨ メモ帳 スマホノート CamiApp A5 メ-MCA90D

コクヨ メモ帳 スマホノート CamiApp A5 メ-MCA90D

  • 発売日: 2012/08/01
  • メディア: オフィス用品
 

そういう意味ではカットオフノートの方が安価かなという気もしないでもないが、こんなメモパッドもある。これだと一冊485円なので先ほどの二つのメモパッドよりも少しは安価である。ま、現在使っているロールバーンのノートと比較したらどれも安いんですけれど。ページ数が違うので注意されたし。 

マルマン ノートパッド ニーモシネ A5 方眼罫 N188A

マルマン ノートパッド ニーモシネ A5 方眼罫 N188A

  • 発売日: 2015/02/16
  • メディア: オフィス用品
 

 ノートカバーとしては、システミックを使ってみたいと思っているが、ノートは実物を見てみないと選びづらいと改めて感じる。

しかし、ここでもやっぱりノートと言ったらCampusだよな。(学生時代からw)という意識がある私としては、このキャンパスノートの無線綴じも捨てがたい。ページ数も80枚ということで枚数もいいかなと。システミックがカバーとして良さそうであるというのはブレていないので、ノートの方はA5サイズのものを色々試してみたいと思う。

ノートの方は使うペンとの相性もあるので、実際に文字を書いてみないとわからないので、何冊か買って使ってみて最終的に自分の気に入ったものを選ぶしかないと考えている。