鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

トレッキングでもFitbitを使ってみた!

f:id:hato36:20160930114502j:plain

Fitbitをトレッキングでも使ってみた。

 

FITBIT ALTAでのGPSトラッキングはスマホ必須

スマホ側でアプリを起動し、ウォーキング/ランニング/ハイキングのいずれかを選択をする。そこからGPSトラッキングが始まる。

f:id:hato36:20161001223327p:plain

ウォーキング・ランニング・ハイキングのいずれの場合でも、何が変わるわけではないwのだが、後々なんの運動をしていたのか?がわかるようになっている。

f:id:hato36:20161001224835p:plain

ある意味何を選んでも記録する情報に変わりはないので、大きな意味はないw
しかしながら、後から見たときに何の運動をした時のデータなのか?がわかるので選択する意味はあると思います。

 

トレッキングでFitbitのGPSトラッキングは有効

f:id:hato36:20161001224858p:plain

こんな感じで、1キロあたりどれぐらいの時間がかかっているのかを把握することができる。私の場合は妻と写真を撮っている時間が多いので純粋に歩いているだけの時間ではないのが痛いところ...。立ち止まった時はトラッキングも中断してくれるといいのだが。

確かNIKEのスマホアプリは、GPS上の動きが止まるとランニングも一時停止状態に勝手に切り替わり、動き出すと再び動いている時間に計上してくれる。
信号を無視するわけには行かないので、この機能をFitbitも実装してくれると良いのになと思っている。(GPSの判定だけでなく、歩数が進んでいない時は停止と判断するのもありだろう)

上記は金峰山のトラッキング例だが、その前に行った乗鞍岳では昼ごはん休憩時にトラッキングを一時停止にして、ゴール周辺まで計測を中断したままだったので、残念な記録になってしまった。忘れなければいいだけだが、他のことに夢中になっている時は忘れがちなので、この辺は強く改善を要望するポイントである。

さらに、スタート時点でGPSトラッキングをONにするのを忘れたため、1とゴールの9が大分ずれているw(これは単純に私のミス)

実際金峰山だと、10kmぐらいで歩数で言えば20,000歩強といったところ。
金峰山に登る方は20,000歩ぐらいは平坦でも歩けないと厳しいと思う。(さらに上り下りを考えると25,000歩から30,000歩ぐらいは平地でも歩けないと厳しいだろう)

 

Charge HRなどの心拍計のついているFitbitを使うとさらにどこでどれだけ心臓に負荷がかかっているのか?負荷がかかり過ぎていないか?ということがわかるので良い。
また、下記の機器は私のALTAと違って高度計も搭載しているので、やはりトレッキング時には有効かつさらにトレッキングを楽しむことができるデバイスになると思う。

ちなみに、今回のiPhone7のバッテリーの状況だが、朝3時に起床(その時点では100%)して7時55分から登頂を開始し、14時20分の下山まで無充電で使った。
FitbitのGPSトラッキングを常にONにして、途中でポケモンGOを起動wしたりしたが、結果的に40%程度残っていた。やはりバッテリーの持続時間は優秀です。
ちなみに金峰山には珍しいポケモンはいなかったwww

[GPS搭載]Fitbit Ionic スマートウォッチ Charcoal/Smoke Grey L/Sサイズ FB503GYBK-CJK
 

 

結論

Fitbitの新しいデバイスが欲しい。
ALTAは平日の腕時計をするときに邪魔にならずに使えるので良い。
しかし、ランニングやトレッキング時は心拍計や高度計の付いているCharge HRやCharge 2のほうが楽しめるだろう。

f:id:hato36:20161001232054p:plain

そして、このChargeってFitbitの中では一番売れてるデバイスなのだ。
機能は全てついている中では一番シンプルだからかな?
安価なALTAが一番売れていると(勝手に)思っていた私には意外だった。

Charge 2は発売予定という状況なので、現在は並行輸入品としか入手できない。早く欲しいという方は、並行輸入品を購入すべきだ。