鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

SUBARU XV HYBRID tSの予約が始まった

f:id:hato36:20160806222048j:plain

私は現在のVW GOLFの前にIMPREZZA SPORTS WAGON WRXに乗っていた事もあり、密かにSUBARUファンである。

 

年をとるにつれて国産を応援したい!という気持ちが芽生えてきたので、腕時計もこれまでは海外製を使ってたが、数年前からクレドールを愛用している。

www.810note.com

セイコー は輸入品があり、デザインが良いのに安価で非常にオススメ。
同じ時計を持っている人にも会いづらいというメリットがあるw

 

車に求めること

時計の話は置いておいて、私が現在のVW GOLF Vを乗り換えるに当たって重要視していることは以下の三点である。

  1. 適切なサイズ(幅、長さ、高さが無駄に大きくない=現在のGOLFと同じぐらいが適切であり、背の高いワンボックスや幅の広い車は不要)
  2. 適切なパワー(200馬力以上は不要、かと言って車重があるのに100馬力とかは避けたい)
  3. 塊感のあるスポーティーなデザイン

1、2はそのままでワンボックスはNGで無駄に幅の広い車も望まない。そして、ハイパワー車よりも現在のGOLFのように170馬力前後の方がむしろアクセルを踏む楽しみがあるので200馬力は必要ないと考えている。ただし、見えないところではあるが、ボディ剛性は重視していて、その点では輸入車が秀でていると思っている。

 

燃費も重要な要素ではあるが、あまり執着しすぎないようにしている。
その時代にあった燃費であればいいかなと。パワーもある程度は求めているので、その点では相反することでもある。
燃費は上記には記載していないが4番目に重要な要素と考えている。

 

3はちょっと説明がしづらいのだが、「塊感=全体のバランス」とでも考えていただければと思います。国産の大半の車は塊感は無いです。一言で言うと決して悪く無いのにパーツが不足しているのでは?と思うデザインが多い。言ってみれば食べかけのりんごの様に、ここにxxxxがあれば...とか、ここの余計なデザインはどう考えても不要...みたいな感じ。

しかし、国産でもエアロをつけると塊感が出る車は幾つかある。

 

実は、SUBARU XV HYBRID tSもその一台だと思う。
STI製パーツを装着している以下の写真を見てもらいたい。

 

f:id:hato36:20160806224929j:plain

全体的なバランスに無駄がなく、尚且つゴテゴテしすぎないすっきりしたデザイン。
塊感が私もうまく説明できていなかったかもしれないが「まとまり感」と言い換えてもいいかもしれない。

 

ちなみに余談ではあるが1枚目の画像のSUBARU XV HYBRID tSのあのカラーリングはなんなのだろうか?普通にSTIパーツを装着したら上記写真のように素晴らしいデザインになるので、このデザインを上回る素晴らしいものが販売されると期待していた。

が、蓋を開けたらあれ...。tSはこれまでIMPREZZAはもちろんだが、LEGACYやFORESTERなどいろいろリリースされてきていて、ハズレはまずなかった。
私の感想としては今回初のハズレだね。買う気が起きない。
普通にXV HYBRIDにSTIのエアロを買ったほうがよさそげ。(ちなみにマフラーも装着されていますが、後付感がすごすぎて最悪!!)

 

とは言え、XVを買うならばHYBRIDの一択!

ちなみにXVを買うならばハイブリッドの一択である。
理由は、ボディーサイズもエンジンパワーも変わらない。
しかし、ハイブリッドには19馬力のモーターが装着されていますので、事実上の馬力はハイブリッドが上!

と言いたいところだが、ハイブリッドはモーターもありますし、バッテリーも大きい為車重が100kg近く重いのだ。そう考えると、どちらも差はないだろう。
ただ、燃費はハイブリッドの方が 4km/1リッター と上なので、スペック的な差は唯一その点である。しかし1リッターで4km変わるのは大きい。

55Lの燃料タンクだと、4km x 55L = 220km!!
これは大きい。もちろん実燃費だと差が埋まる可能性はあるが、220kmと言わないまでも差が出るのは間違いないだろう。これが私がハイブリッド一択と考える理由だ。

XVの260万円とXV HYBRID290万円で30万円差となるが、現在1リットルのガソリンは、地元で125円ぐらい。

30万円 ÷ 125円 = 2400L x 20km = 5万km

となるので、5万キロ以上乗るならばハイブリッドを選択する方がメリットが出るということになる。

 

先ほどの写真のSTIパーツを装着するといくらになるのか?

フロント、サイド、リアルーフのスポイラーの3Pセットで13.4万円となる。
まだ試乗をしていないが、以前乗っていたWRXも剛性感という意味ではGOLFには及ばないことから考えると、スポーティーモデルではないXVも剛性感が高いとは考えづらい。タワーバー 3.3万円とロードスティフナー 3万円は必須であると考える。
また、トレーリングリンクセットの2.7万円も必須。
ブラックのホイールも18.4万円でデザインとのバランスで必須!!(これは完全に私の趣味です)本当はミラーもブラックにしたいところだが、純正パーツでは用意がされていないようなので、それは後からなんとかするとして、これまでに必要なパーツをすべて装着した場合は、合計で「13.4 + 3.3 + 3 + 2.7 + 18.4 = 40.8万円」となる。

 

結局いくらなの?

290万円の本体価格に41万円のオプションを装着すると合計で約331万円となる。
値引き情報を見るとオプションが40万円分もあれば、30万円ぐらいはなんとかなりそうな気がするので、結果として300万円ぐらいと予想される。

私の感覚だとSTI系のオプションが40万円分もついて、見た目だけでなく走りも他の国産車と比較して間違いなく良くなっていると思う。
しかもハイブリッドなので、環境への配慮もなされている。
車高は普通よりも若干高くて便利なのに、見た目はスポーティーで嫌味も少なくスッキリしている。(ちなみにリヤルーフスポイラーはSTIよりも純正パーツのSTIという文字のないもののほうがいいように思う)

300万円を出すことに抵抗がない方であれば、お勧めの一台である。
ただし、先にもかいた通りXV HYBRID tSはやめたほうがいい。あのオレンジはおかしい。絶対におかしい。ちなみにハイパーブルーを選択するとさらにありえないカラーリングになる(笑)ホイールを塗ったのが失敗かな?どうでもいいけどw

f:id:hato36:20160807001226j:plain

 

それじゃぁあなたはどうするの?

私は引き続きXV HYBRIDをウォッチし続ける。
国産では非常に良いポジションの車だと思っている。
高速の追い越しでも決して不足を感じることなく軽快に走ると予想されるし、スバルのAWSの安心感は間違いない。(三菱の4WDも嫌いじゃないですが、今三菱を買うのは...ねぇ?)
ただ、300万円ともなれば、そもそも剛性の高い輸入車でも相当な車種から選択することができる。国産を応援したいという気持ちだけで300万円の買い物は出来ないのと、今のGOLFが未だに好きすぎて11年目の再来年の車検もひょっとしたら通しちゃうかも...という状況。

たまたま見た持田香織さんみたいに気に入った車に長く乗る...こういう感じでそのまま今のGOLFに乗り続けるってのも悪くないかなと思い始めたw

thinkpeople.volkswagen.co.jp

 

結論

SUBARU XV HYBRID tSは現段階では予約の受付状態だがオススメしない。
今のうちに画像を差し替えてデザインを見直して欲しいと思う今日この頃w

買うならXV HYBRID+STI パーツ だ!