鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

ドコモ dマガジンのススメ

f:id:hato36:20160730084034j:plain

私のスマホ事情については、以下の投稿で記載した通りである。

 

www.810note.com

 

雑誌のサブスクなので大画面がベスト

dマガジンはiPhoneでもGalaxy S6でもGalaxy Note IIIでも使っているが、私の持つスマホの中でも一番の大画面であるGalaxy Note IIIで読むのが最適である。
ただ、iPhoneでもGalaxy S6でも使っており、ちょっとした電車の待ち時間や休憩時間にさらっと記事を読むぐらいであれば5インチ前後のスマホサイズなら何の問題もないがじっくり読むのは少々厳しい。

iPadなら12.9インチが欲しくなるし、Kindle FireHDなら10インチが欲しい。

Fire HD 10 タブレット ブラック (10インチHDディスプレイ) 64GB

Fire HD 10 タブレット ブラック (10インチHDディスプレイ) 64GB

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス
 
Amazon kindle fire HD 完全ガイド マイナビムック

Amazon kindle fire HD 完全ガイド マイナビムック

  • 作者:星 紀明
  • 発売日: 2013/02/20
  • メディア: Kindle版
 

小説なら普通のスマホでも文字サイズの調整などでいくらでも読めるし、むしろ紙の本より読みやすかったりするが、雑誌はそうはいかないのでデバイスは準備するのがおすすめだ。

 

5台まで使える!

dマガジンは、どれか一台だけでしか使えなかったら不便だが、何と5台まで使えるので、iPhone、Galaxy 2台、妻のiPad mini、会社のiPad mini4にインストールして使っている。私も妻も楽しめるので意外と便利に使っているというわけ。
逆に一人の方が楽しむのは勿体ないと思えるほどだ。

例えば家族で楽しむことを想定した場合は以下のような感じになります。

お父さん 「週刊ダイヤモンド」「プレジデント」「日経トレンディ」

お母さん 「CLASSY.」「anan」「NHKきょうの料理」「Hanako」

男の子  「MEN'S NON-NO」「週刊ファミ通」「サッカーダイジェスト」

女の子  「東京ウォーカー+」「ディズニーファン」「Seventeen」

 

もちろん他にも多くの雑誌があります。
私とっては、車関係、ランニング関係、ゲーム関係に加え、ファッション、ビジネス系など興味のあるものが多数ある。

雑誌一覧もあるので、好みの雑誌があるかを事前に確認し、さらに31日間は無料で使えるのでお試しすると良いかと思う。私もドコモショップでお試しで...と言われた後にそのまま契約し続けているが、これだけはオススメだ。

 

dマガジンがおすすめな理由は価格

以前は最寄駅に本屋があって、毎週一度はお店に入っていたしおそらくかなりの頻度で本や雑誌を買っていた。
例えば車雑誌を毎月700円で買っているのであれば、すでにdマガジンを契約した方が安くなるという事だ。何せ440円/月なので。
ファミ通だって550円なのでファミ通を毎号買っている人ならdマガジンのほうが安くなる。どうだろうか?
買いに行く必要もなければゴミも出ない。黙っていても最新が読めるのに安くなるのだ。

 

ビジネス力アップにも使える

これは、シリーズ化したいと思っている「スマホの機種変を妻に許可してもらうための方法を考えた シリーズ」にも使いたいと思ってるが、「週刊ダイヤモンド」「プレジデント」「東洋経済」「ZAI」「WIRED」「日経マネー」などがあるので、情報収集や話題作りのための情報源としてもかなり使える。

私は「日経アソシエ」という雑誌が好きで、以前からコンビニや売店などで購入していたので、その雑誌が含まれているだけで、契約する意味があったという感じ。(アソシエはすでに廃刊となった...涙)
株の勉強をしたいと思っていたところもあるので、日経マネーなどはちょくちょく興味を持てるように読むようにしている。最初はやっぱりつまらないなと思っていたが、新聞などの情報とMIXしていくと徐々に面白みが増していくことを実感している。

magazine.dmkt-sp.jp

dマガジン-初回31日間無料
dマガジン-初回31日間無料
無料
posted with アプリーチ

ファッションはもちろん、料理好きな奥様にも最適

料理雑誌もかなり多い。
「クロワッサン」「オレンジページ」などはもちろんのこと。
「今日の料理」や「3分クッキング」なども。

ファッション系だと「LEE」「Steady.」「Seventeen」「HERS」など幅広い年代が楽しめる雑誌が用意されている。

f:id:hato36:20201013145407p:plain

 

年代に偏らず楽しめる

「東京カレンダー」や「散歩の達人」から、「週間ベースボール」や「週間プロレス」、「ワールドサッカーダイジェスト」「BE-PAL」など趣味の領域も幅広い。自転車やバイク、カメラ、テニス、バドミントンなど、おそらく希望の雑誌でなくても趣味に関連する雑誌は見つかるのでは無いだろうか?
考えようによっては2世帯だって賄えるほどの充実度だ。
 
私はそもそもハズレのないジャンル提供をしてもらっているのでそう感じているだけかもしれないが、かなり幅広いので雑誌を買っている人なら一度はdマガジンの内容を確認して電子に切り替える事を考えるのが良いだろう。