鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

美しいフォント(フロップデザインさん)

f:id:hato36:20160615123407j:plain

私は、ノートや紙に合わせてペンを選ぶようにフォントにも拘る。

特に好きなフォントがあるわけではなく、その時々で気に入ったフォントを選択して使っている。

私は万年筆やボールペンも好きだし、ノートも色々な種類を使って楽しんでいる。
紙によってペンを選んだりもするが、フォントを選ぶ時は紙...は関係ないので、その時々の気分によって選択して楽しんでいる。
資料作成に飽きてきた時なんかにもフォントを変えると気分が変わってキータッチがスムーズになる(ような気がするw) 

 

そんな私の今のおすすめはこちら!

そもそもmacを使っているので、ヒラギノフォントはいつでも使えるわけですが、エディタなどで使っているフォントはフロップデザインさんの「01フロップデザインフォント」である。

www.flopdesign.com

フロップデザインフォント

f:id:hato36:20201013140746p:plain

どうですか?Wordでお堅い文章を作る際に、こんな素敵なフォントを選んで見てはいかがだろうか?アルファベットや数字も以外と見やすい。

後で直すのが面倒で無駄に時間がかかるじゃない?なんて思っている方は、文章を読み返して確認したり最初から頑張って構成も考えて作っていませんか?私はある程度文書を書いてから、一気にフォントを変えて読み返しながら構成を整えていくのである程度書き終えるまでは好きなフォントで書き続ける。なので、上司に見せるためのつまらないフォントwは最後の最後にちょこっと見る程度なのだ。
プロポーショナルフォントと固定幅フォントを理解し、正しいマイクロソフト オフィスの使い方と機能を使っていれば、それほど面倒ではないよ。

 

うつくし明朝体

f:id:hato36:20160730000147p:plain

明朝体が好きな方であれば、「うつくし明朝フォント」というのがおすすめ。
よく見ていただきたいのだが、このフォントはひらがなが美しい。私の中では「ま」が一番のお気に入り。文字のバランスがすごく好きなのだ。好きすぎて、最近自分が手書きで書く「ま」の文字も真似して書いているほどw
日本人なのでやっぱり日本語が美しいフォントは必須だ!

スマホでも自由にフォントが選べるといいのになと思う今日この頃です。(私が使っているGalaxy S6はフォントを購入することも選択することもできる)

 

フォント利用には注意事項がある

フロップデザインさんのサイト内に記載がありますが、フリーフォントの利用には「ルール」が定められている。商用利用の場合には製品版を購入する必要があるのだ。
ルールを守って楽しもう。

目的で探すフォント見本帳

目的で探すフォント見本帳

  • 発売日: 2019/05/21
  • メディア: Kindle版