鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

産経新聞デジタルの使い方(Android、iPhone)

f:id:hato36:20160723123334j:plain

産経新聞を読むようになって大分定着化もされてきた。

 

隙間時間を有効に使う

ちょっとした時間に新聞を読むってことを定常的に行うようにして早数ヶ月。
本当は日経新聞にしたいけれど、もう少し定常化できたら契約しようと思う。

現在は無料の産経新聞を自分のGalaxy S6か会社のiPhone6のどちらかで見ている。
見たものはたいてい覚えているので、スクラップなどはしていない。

スマホが出た数年前は物珍しくてインストールするだけで読むことはそれほどなかったが、今は1日で起動する時間ならば私のスマホの中で一二を争うポジションにある。 

 

使い方はいたって簡単

アプリをインストールして起動すると新聞の選択画面が現れるので、そこから読みたい新聞(産経新聞かフジサンケイ ビジネスアイ)を選択するだけ。
サンスポも表示されるが、別途料金がかかります。

 

読みたい記事を長押しするとテキストデータとして読める機能が秀逸

スワイプ(指を広げる動作)をすると、拡大してそのまま新聞を読むことができるが、スキャンした新聞を読むことになるので、文字が滲んで読みづらい。
しかし、読みたい記事を長押ししていると、画面下部に「テキストで読む」というボタンが表示される。

f:id:hato36:20160723123606j:plain

 

文字の大きさも自由自在

スマホの画面サイズによっては、「テキストで読む」の機能を使っても文字が小さいと感じる人もいるかと思うが、画面下部を見ていただくとわかるように、文字サイズが変更できることができるように、アルファベットの「A」が表示されている。

小さい「A」をタッチすれば文字が小さくなり、大きい「A」をタッチすれば文字が大きくなる。この辺はデジタルであることのメリットが大きい。

f:id:hato36:20160723123821j:plain

基本的な操作はこの程度。私は簡単に使えて便利だと思う。

これまでの隙間時間の多くはTwitterを見たりFacebookを見たりということだったが、それはそれでまとめて見るようにして、隙間時間は記事を一つずつ読むような感じにしている。実際に、会話の話題に使えることも多く、新聞を読むことの意味を感じつつある。そして新聞の面白さというのも理解し始めた。

ひとえに、産経新聞ではなくサンケイビジネスアイのおかげだ。
記事の内容が経済とかそれに因んだコラムなどになっていて、嫌いな「政治」がないからだろう。

 

贅沢を言うようだが、産経新聞をiPad miniでも無料にしてほしい

私は会社のiPadも持ち歩いてdマガジン(最近は東洋経済や週刊ダイヤモンドなどを読んでいる)を読んでいるのだが、そこで産経新聞も読めればなと思う今日この頃。
dマガジンも本当はiPad Pro 12.9インチとの組み合わせが理想的だと思う。
日経新聞も良いですが、日経ビジネスなどもきっと面白いだろう。

時々日経ビジネスの定期購読とiPad Pro 12.9インチの組み合わせで、日経ビジネスが通常よりも安価に購読できるタイミングがあったりするので、そういうのも狙うとお得だろう。

 

デジタルデバイス、ガジェットをうまく使ってビジネスに活用しよう

iPadもiPhoneもAndroidもゲームや漫画を読むのにも活用できますが、ビジネスにもうまく活用できる要素が多分に含まれると改めて実感。それはプライベートでもだ。
時間のある方はちょっと違う使い方に目を向けてみると生活の充実だけでなく、ビジネスもうまい方向に進むかもしれない。

 

コストを抑えるなら、ゲームなどにはあまり向かないがKindle FireHD 10インチなども画面が大きい割りにコストは安価でおすすめだ。
読書で困ることはないし、映画鑑賞もパフォーマンスをそれほど使わないからか全く問題がないので、使い方が限定される人はあえてiPadなどの高価なデバイスを避けるのはメリットが大きいだろう。

プライムデーを狙うとさらに激安になるのでこれまたおすすめ度がUPする。

Fire HD 10 タブレット ブラック (10インチHDディスプレイ) 64GB

Fire HD 10 タブレット ブラック (10インチHDディスプレイ) 64GB

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス