鳩ブログ

サラリーマンが綴るブログ

驚異のコスパ ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン ZH-DX210-CB

f:id:hato36:20200929110055j:plain

これまではソニーのXBA-10を使っていたが、イヤーピースが壊れてしまった。
イヤーピースを交換しようと思ったのですが、イマイチ何がいいのかよくわからず…

 

イヤフォンの入れ替え

就寝時に使っていた古〜いイヤフォンが大分くたびれてきたので、XBA-10を就寝時用に下ろして、新しいイヤフォンを物色することにした。
ちなみにXBA-10には沢山のイヤーピースが付属していたので、そのうちの一つをとりあえず付けている。しかしながらイマイチ耳に合わない。自宅内で音漏れとかは気にしないので、そのまま使おうと思う。

 

新しいイヤフォンの物色(ZERO AUDIO、AKG)

新しいイヤフォンは、もう少しランクアップしてもいいかなと考えたりもしたが、最近の私は低音が強調されている方が好みなので、高価なものというよりは低音が強調されているイヤフォンが良いだろいうということでネットで調べたところこのイヤフォンが見つかった。

そのまま信じてネットで購入しても良かったのだが、最近はビックカメラなどのお店でもかなりの数が視聴できるようになっていたりするので、本製品も含めていろいろ試してみた。

イヤフォンに詳しくないので詳しいことはわからないが、大体1万円ぐらいのコストで良さそうなものを選んで店頭で聞いたところだと、AKGというメーカーのイヤフォンがコンパクトで低音も綺麗に出てるし、かといって中高音も手抜きない感じですごく耳に合った。

しかし、ネットで評判になっていたZERO AUDIOというメーカーのイヤフォンを見かけたところ、中高音はAKGのものよりも雑な感じはしましたが、低音はしっかりしている感じでなおかつ3000円強という脅威のコスパに負けて思わず購入してしまった。

まだ数回しか使っていないが、音楽によっては低音を綺麗に拾って強調していたりもしているので思っていたよりもさらにコスパは高いかもしれません。

イヤフォンをお探しの方で低音強調が好みな人は是非お試しで購入してもいいだろう。

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB

  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: エレクトロニクス
 

さらに後継製品もリリースされている。
こちらは3800円程度となるが、シンプルでデザインが良いのと、個人的にはケーブルが細くて柔らかいので癖がつかなくて非常に好みである。
裏を返すと切れやすいということも考えられるが、今のところケーブルが切断されるような事にはなっていない。

ZERO AUDIO カナル型イヤホン CARBO MEZZO ZH-DX220-CM

ZERO AUDIO カナル型イヤホン CARBO MEZZO ZH-DX220-CM

  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: エレクトロニクス
 

また車好きな人だと、カーボンという言葉に反応するのではないかと思うが、ボディーにカーボンが使われているところがさりげなくお洒落だ。
私も音のみならず見た目も気に入って買っている。